SEO - SEO対策

マスタング個人輸入レビュー-M&M

V6マスタング個人輸入のレビュー。V6マスタングの燃費、マニュアル車の使い勝手を掲載しています。

マスタング個人輸入レビュー-M&M

Mustangロゴ輸入総額 \600,000Chinatu

マスタング個人輸入

結論から先に書きます。私はマスタングを出来るだけ安く手に入れたかったので、アメリカの中古車サイトで欲しい車をチェックし、実際にアメリカまで足を運んで購入してきました。このサイトはマスタングの個人輸入についてレビューとしてまとめたものです。

かかった総額 741020円(うち輸入して車検を通すまでは60万円)

車両代を除いた金額 - ナンバー取得や重量税等の税金も入っていますのでいわゆる走り出しまでの価格ということになります。私のマスタングは4000ccですので8万円くらい税金でもっていかれます!

ちなみに車両代は$12,990-でした。当時の円相場が1$=\90でしたので、日本円で116万9100円のマスタングV6を購入したことになります。車両代を含む総額は191万120円です。日本で同じ程度のマスタングを購入した場合、乗り出しまで約210万円〜300万円位とかかりますので、比較してみると約20万〜100万円もお得です!なぜこんなに差があるかと言うと正直なところよく分かりません。基本的に走行距離数はディーラー車でもあてにならないと知り合いの業者さんがおっしゃっていました。ディーラー車証明書付きなどと但し書きがあると300万円位になってしまうようです。私はアメリカへの旅行途中で中古車屋に立ち寄ったので旅行代は別途ですが...

私が外車の個人輸入にメリットを感じたのは以下の2点です

1.総額を安く出来る!
2.日本で買うより種類が豊富!

では、以下に順を追ってレビューしてみます。

車両代 116万9100円 + 輸入代 60万円 + ナンバー等14万 = 190万円

個人輸入の手順

私の場合

  1. 周囲に言いふらした
  2. アメリカの中古車ページで欲しい車を検索
  3. アメリカの車屋さんにメールをした(これは完全に意味がなかった...詳細は本文で)
  4. アメリカ旅行に行った
  5. メールをした車屋さんに実際に行って試乗する
  6. 価格交渉してみた(ネットで価格が提示されているのでこれも意味なし...しかし恐ろしい事実が!
  7. アメリカ在住の代行業者にヘルプ
  8. 代行業者に入金(車両価格と代行代金)
  9. 関税とか車検をとおすための手続きは日本の業者に依頼
  10. 車検が終了し埼玉まで車を取りに行く
  11. 関税や車検等の支払いを済ませる
  12. ナンバーを地元水戸ナンバーに変更(陸運局に行く)
  13. 自分のものになった瞬間

1.周囲に言いふらした

私の行ったことは、まずは周囲に「来年はアメリカに行ってマスタングを買ってくる!」と宣言することでした。(笑)

この時点では周囲も家族も私自身も(笑)信じていませんでした。
しかし多くの人に「アメリカでマスタングを買ってくるから!」と言っているうちに私自身だんだんと「じゃあ、どうしたらいいんだ!」と思うようになってきました。この一ヶ月前くらいに私は外車を100万円安く買う本を読みました。かなり古い本です。インターネットなどないときの外車を安く買う方法が書いてありました。この本に書いてある事はズバリ

アメリカで買うと日本の半額で外車が購入できるよ!

という事でした。
私はこの部分に胸躍りました。

2.アメリカの中古車ページで欲しい車を検索

外車が半額!外車を100万円安く買う本に胸躍った私は、これは自慢できる!と思いすぐにアメリカの中古車サイトを検索しました。私が参考にしたのはアメリカでの生活情報がのっていたとあるブログです。このブログに載っていたedmunds.comとアメリカのYahoo!が運営するYahoo!AUTOSでした。とくにYahoo!AUTOSは連日鬼のように閲覧しました。私が購入したお店を決めたのもYahoo!AUTOSの検索を使ってでした。Yahoo!AUTOS画像FordとMustangを中古車欄に入力すればあっという間にアメリカ全土のマスタングが検索できます。グレードやカラーも日本なんかより選べて見てるだけでも楽しいです!私はマスタングV6のマニュアル車が欲しかったので現在のクールなマスタングになった2005年以降(2005年以前の何年間かは、かなりダサいセダン風)のマニュアルで検索をしました。「マニュアル」と日本語で検索できるわけではないので、「MT」とか「5MT」「Manual」などと検索して目的の車を見つけました。車屋さんによっては外装内装ともにかなりの枚数の写真を撮ってくれているので見ているうちにどんな感じの車かが分かってきました。(実は私は買うまでに実車をまともに見たことが無かった!)みなさんは何か決める時、迷うほうですか?私はほとんど物事に迷いません。マスタングのGTやシェルビーはカッコいいが燃費や価格が高いので、「V6の4リットル」で「色も派手なヤツ」にして価格の割りにアメ車を満喫できる車とイメージを固めていました。ただしドアのサイドに大きく「MUSTANG」と書いてあるのはダサい気がするのでやめておこう!とYahoo!AUTOSを見ながらだんだんと現実的なイメージが出来てきました。ホントこのサイトアメ車や外車を買おうとしている人は楽しめますよ。しかし閲覧だけでは満足出来ない!マスタングを手にいれたいんだ!という方は、ぜひこの先を読んで見てください。

3.アメリカの車屋さんにメールをした

Yahoo!AUTOSで楽しんだ私はアメリカの車屋さんに実際にコンタクトを取るべく、凄いいきおいで見ていた中古マスタングの中から「コレダッ!」と白羽の矢を立てました!それは当HPでもごらん頂いているオレンジに光り輝く(べつにただのオレンジ)マスタングです。この車は、2007年式でV6マニュアルと私の必要条件をクリアしており、更に車体の大きさからしてもより目立つであろうオレンジであることが見事条件に一致しました。

とりあえずYahoo!AUTOSにあるContact The Dealerの欄に英語で(しかもエキサイト翻訳!とかで訳した変な英語)「8月第1週に日本からそちらに行くんだけど試乗はできる?」といった内容でいきなり送ってみました。Yahoo!AUTOS画像

これが返答のあったメールです。


Hello Shuichi
Thank you for your inquiry on the Ford Mustang.

Good news! our Mustang is available for sale... when can you come down for a test drive?
By the way, we have other vehicles in stock that are similar to these. We would be happy to let you know more about those vehicles, plus provide information on the value of your car, equipment options, financing, and anything else that will help you make an informed decision. Please contact me at (714) 842-6611 or you can email me at xxxxx@xxxx.com

Because it is important that you receive this information, I will try to contact you by phone if I don’t hear from you before then.

Best regards,


xxxxx xxxxxx(相手の名前)
XXXXXXXXXXXXXXXXXX(会社名)
Off: (XXX) XXX-XXXX(電話番号)
Cell: (XXX) XXX-XXXX(携帯番号)

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX(会社の住所等)
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

管理人要約:

やあ、シュウイチ!
いい知らせがあるよ。君の希望している車は今売り出し中で試乗も可能だ。いつこっちにこれるんだい?携帯かメールでこのメールを受け取ったという連絡をくれるかな。
ボブ

もちろん(笑)私は携帯電話ではなくE-Mailでこの営業マン(とりあえずボブという名前にしておきます)にすかさずメールをいれました。メールの内容には「8月の頭にアメリカに行くのでそのとき試乗したいと思う。」としました。その後...

Thanks for getting back to me... feel free to call my cell when you come down

と返信がきました。英語でのメールが通じていることに私は驚きと感動を覚えました。(笑)

管理人要約:

返信ありがとう。こっちに着いたら私の携帯に電話をくれ。

ボブ

このメールを最後にして私はアメリカへと飛び立ちました。
とりあえずアメリカに降り立った翌日にこのボブへ現地から電話を入れてみました...が電話は繋がるのですが留守電になってしまいこの日は電話は断念。
翌日、再度ボブにかけましたが、またもや留守電!

閲覧ありがとうございます。まだ完全には出来上がっていませんが日々情報を追加中です2011.2.28更新

次回更新予定日:2011.3.5

マスタング外観

  1. マスタングフロント

    マスタングフロント

    インパクトあり過ぎです!
    かなりの確率ですれ違った人は見ます。

    2005年より前の型は、おとなしいセダンという印象でしたが、古き良き時代の豪快なイメージが戻りました。昔はこれで7000ccとかだったようなので、燃費は考えたくないですね。

  2. マスタングリア

    マスタングリア

    フロントの印象から比べると軽い印象を受けますが、この後ろをスパッと切ったような潔さが素敵です!
    一瞬、ハッチバックにも見えますが、トランクルームがあり、後部座席を倒すとトランクルームとつながり広い荷物スペースを確保できます。

  3. マスタングガスポケット

    マスタングガスポケット

    だれでも手で開けることができます(笑)

  4. マスタングエンジンルーム

    Mustang Engine room

    わりとスッキリとしています。

マスタング燃費

さて気になる燃費です。私の場合、コンスタントにリッターあたり8km走っています。
4000ccの車にしてはかなり頑張っているほうではないでしょうか。毎日通勤に片道24kmくらいの道のりを往復しています。わりと田舎の道なので距離のわりには信号機は少ない(10箇所くらい)と思います。

燃料タンクは、カタログ値では60Lとなっています。今までに燃料計の最低メモリを振り切って20マイル(30kmくらい)走りましたが、ガス欠にはなりませんでした。そのとき満タンに入れて55L入りました。確かに60Lタンクのようです。

ところで、この車のガソリンの種別はレギュラーなのです!!!
排気量4000ccで、レギュラーという車は日本には少ない設定ですね。

マニュアルの操作性

マニュアルに限らないのですが、基本的にマスタングはハンドル・クラッチ・ギアチェンジ全ての動作に力を要します。最初にマニュアルを操作したときは入りにくいなぁと思ったのですが、そうではなくて私の力が足りないだけでした。(笑)アメリカ人の腕や足がなんであんなに太いのか分かりますねぇ。

〓武田 修一〓

©2010 M&M All rights reserved. - マスタング個人輸入レビュー
[ このページは若葉のテンプレートで作成されています ]